イギリスでの生活,カルチャー、出会った人、私の好きな物などを、みなさんにお届けします。

写真・タイトル(Click photo&title)をクリックして記事をご確認ください TOP表示

もう11月になってしまった。
しばらくブログもアップ出来ないほど、慌ただしい数ヶ月、その間9月,10月は3週間づつの日本帰国。
8月は雑誌の撮影や家の引っ越しがあって、夏休暇もないまま、あっという間に1ヶ月が過ぎてしまった。どうしてこんなに時間が過ぎるのが早いのかな〜??

9月初めの日本帰国、一番の目的は伊勢丹での1960's~1970'sのイベントのためでる。
そのイベントのために、何ヶ月も前から、Londonで60年代のアクセサリーや、ヴィンテージの洋服たちを集めまくっていた。
アンティークはそこに行けば買える、、、というものでもないので、何度も何度もいろいろな場所に足を運ばないと欲しいものが手に入らない。時間と根気がいる。、、、とそんなわけで数ヶ月間かかって集めたものを持って日本へ出発した。飛行機の中でディスプレーのシュミレーションをしながら、イメージを固めていった。

日本到着2日後の早朝8時ごろからデコレーションのために伊勢丹の会場に行った。
全く何も出来ていない状態からどうしょう!!!時間がない!決めていたイメージとはほど遠い。

そんな中、結構ドタンバに強い私は、一気に集中して、時間内に何とか形にすることが出来た。

そしていよいよ土曜日はトークショー。私の永遠のあこがれのデザイナー菊池武夫さんと、友人でもある生駒芳子さんのトークショーであったが、急遽武先生のお進めで私も参加させて頂くことになった。
武先生がファッションをやり始めた時、BIGIをスタートした時のお話から、その当時のファッションについてのトークは懐かしくもあり、素晴らしい時代だったことを改めて再認識させられた。
また先生の着こなしのお話、気に入ると同じものでも着ちゃうと言う事や、ご自分のコレクションのお話など、時間延長しての盛沢山のトークショーだった。
男性軍のファンの方達は真剣に話に聞き入っていた。
私もその貴重なお時間にご一緒させていただいたことは光栄でもあり、最高の感激であった。

私、高橋靖子さん〚靖子さんは2回めのトークショーだった。〛、菊池武夫さん、生駒芳子さん。
P9140872

今日の私のT-シャツはBIBAの物。15年前にクリスティーズのオークションで手に入れた貴重な商品で黒とベージュがあり私のお宝でもある。
P9140891

後の写真はN.Y在住のMark Higashinoさんが撮影したツィギーの写真。
P9140890


60年代といえばBIBA,ツィギー、マリークワント、カルダン、クロエ、、など
代表するものが沢山ある。私が持っているのはカルダンのBook。
P9140907

 これはヴィンテージショップでたまたま見つけたBIBAのドレス、紺色にラメのストライプが入っているもので、ラビットカラーの衿の形やシェープが、今みても新鮮である。
流石に先生はリアルタイムでBIBAの洋服を沢山観ていらっしゃるので、その当時のお話している間は、まるで空気感が体に伝わる感じだった。
このドレスは、武先生がとても気に入って下さり、トークショーの後にみずから買って頂き大感激でした!
P9140904

Londonで集めたアクセサリー。
IMG_1386

IMG_6539

これもBIBA。私のお気に入り。
IMG_1377

プリントも色もカワイイ〜。
IMG_1376

生駒芳子さん、20数年以来の友人でもある。
いつも世界中を駆けまわっていて、ファッションを中心に多面にわたって活動されながら、日本伝統工芸のサポート、大学教授もこなしているというスパーレディ。
1229949_10153257967330422_398359262_n 

何度撮っても緊張と幸福感につつまれる。格好良すぎでため息が出ます。
先生の着こなしは世の中の男性の皆さんのお手本。
色感のセンス、素材の質感のコーディネートは素晴らしく、だれも真似ができないと思う。
そして何よりも着崩しのセンスの王様。私もいつもいつも勉強になります。
先生いつも有難うございます。
 1239033_10153257967615422_450423695_n

60年代〜70年代は、音楽もアートもファッションも全てが新しく、刺激的で活気があって、多くのクリエーター達が生まれ、それぞれが影響された時代である。
我々はいつも、アート、映画、写真、音楽、本、人、景気、建築、自然、食、などの中からインスプレーションを感じながら形にしていく仕事である。
だからいつもすべてのことに興味がある。
過去の時代に残された素晴らしい物達は歴史として残っている。それを忘れることなく、今の時代をキャッチしながら、新たな物作りに挑戦してきたい。
そしてドキドキ感を感じながらハッピーに生活を楽しんでいきたい、、とつくづく改めて思う今日このごろである。

Comments

    • Lauren's comment
    • 2014年06月23日 10:53
    • We’re a group of volunteers and opening a new scheme in our community. Your site provided us with valuable information to work on. You’ve done an impressive job and our whole community will be thankful to you.
    • 黒田武稔's comment
    • 2016年06月15日 05:02
    • 5 遺損いに対して気掛かりなあなたは、実践的で大きなし損ないをしない人格です。

      偽りのない素敵地は落ち着きの効果効目があり、まわりからの秘やかな人気を集めるでしょう。

      じっくりと全力を尽くせば、尽力の分実を結

      ぶでしょう。
    • 遺品整理 愛知's comment
    • 2016年11月20日 05:30
    • 5 ハロー。
      愛知方面に家がある男です。
      つい先日、亡くなったオフクロの遺品の片付けを遺族でやりました。
      遺品って思い出があったり価値のあるものだったり故人の趣味だったりいろんなものがあり整理するのにはわりと神経を使いました。
      でも買い取ってもらえるものを無料で選別してくれるサービスを知ってすっかり便利に作業が進んだのです。
      さらにすぐに現金買取してくれてラッキーでした。愛知じゃなくても日本のあらゆる地域で利用できるのでいいですよ。
    • 引っ越しの送料、いくらぐらい?'s comment
    • 2016年12月04日 00:41
    • 2 引越し価格の見積もりがあがったらその価格を見て検討するのですがニ、三社くらいから引越の見積りをやってもらうことで、同様な内容であっても送料の差がどんなもんか相場をチェックすることができますし、金額に違いがなくてもサービスの違いをチェックすることができますから引越しの見積もりを依頼すれば安めでコストパフォーマンスのいい引越業者に発注することができます。

      引っ越しの見積もりをしてもらったらできれば他にも何社に引っ越しの見積を依頼して引越の見積を見比べてみるのが理想的です。引っ越しの見積りをして見比べてみると費用ではどこの引越運送サービスが最安で、コストパフォーマンスはどこの引っ越し業者が質がいいのかということが明確に理解することができると考えます。ですからひっこしの見積もりをやってもらってそれで片がつくというわけではなくて引越しの見積をしてもらったら何社か見比べてしてみるのが望ましいです。

      引越の見積については引越しをする時には引越しの見積もりをしてもらってから引っ越会社を吟味するのが望ましいと思慮します。なぜひっこしの見積もりが必要なのかというと引越しの見積もりをすることで選ぶべきひっこし運送業者が最安か、クオリティはどうなっているのか見比べてみることができます。ひっこしの見積りは、ほとんどはひっこし運送業者で行われています。引越しの見積もりにはあらかじめ引っ越の見積の予約しておいて、約束しておいた日にひっこし配送サービスの担当者に現場に来訪してもらいます。引越しの見積りの方法はどのひっこし運送サービスも大体同じレベルなのですが、とりあえず、どれぐらいの重さの本棚等の数量はどれくらいか、大きな荷物もどれくらいあるのか調べられます。そして引越先への距離や引越し先のすまいの状況なども引っ越の見積もりの価格に影響があると思います。
    • 引っ越し 見積もり's comment
    • 2017年05月05日 17:22
    • 4 こんにちは、ブログ記事を見させてもらいました。私にとってすごく勉強になりました。
      私もいろいろと新しいブログ情報がないかと検索おりまして、なにか琴線に訴えかけてくるような、読んだだけでピンとくるような有益な投稿記事を模索いたんです。
      そこでこちらの更新記事を読ませていだだき、かなり勇気づけられました。
      自分もそろそろ本気で考えてみようと思います、ありがとうございます。
      私の情報にも説明がありますのでぜひご覧ください。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
machiko jinto official site   contact
サイトへ移動


ギャラリー
  • 歴史に残る夢のような食事会
  • 歴史に残る夢のような食事会
  • 歴史に残る夢のような食事会
  • 歴史に残る夢のような食事会
PROFILE

神戸真知子  contact
ファッションデザイナー
北海道生まれ。ロンドン在住。
株)BIGIニットチーフデザイナーを経てRIC a RAC by machiko jintoをスタートし、同時期に、フォーマルブランド(BARCAROLLE)と、ニットブランド(コンケラン)を発表。
主婦の友社より[神戸真知子ニット]を発行。
山口小夜子のランジェリーブランドデザイン担当。
1993年、勅使河原三郎氏のノイジェクトの舞台衣装を担当。
株)OEJ,オールドイングランドとデザイン契約。
1996年Londonに拠点を移す。
株)TAFFETAと契約 by machiko jintoを発表。
市田(株)と契約machiko jinto着物ブランドを発表。
2007年に独立、BUSTLEco Ltd を UK と JAPANに設立。
machiko jinto 独自のブランドを新たにスタート。
2010年3月、青山にショップオープン。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ